日本の各都市からイギリスへの国際線直行便

日本-イギリス間 直行便フライトについて

日本からイギリスへ定期便の直行便を就航している都市は、東京(羽田)です。

羽田(東京)-ロンドン間

羽田空港(東京)とロンドン・ヒースロー空港との間は、ブリティッシュ・エアウェイズ、日本航空、全日空の合計3社が直行便を運行しています。

※ブリティッシュ・エアウェイズは2020年夏期ダイヤより成田線を羽田空港へと移管。これにより、ブリティッシュ・エアウェイズの羽田(東京)-ロンドン線は1日2便のダブルデイリー運航となります。

羽田(東京) – ロンドン フライト時刻表

成田(東京)-ロンドン間

成田国際空港(東京)とロンドン・ヒースロー空港との間は、ブリティッシュ・エアウェイズ(日本航空とコードシェア)が直行便を運航していましたが、2020年夏期ダイヤより成田線を羽田空港へと移管しています。

また、アエロフロート・ロシア航空は成田国際空港(東京)とロンドン・ヒースロー空港との間をモスクワ(シェレメチエボ空港)で1回乗り継ぎをする便を運航していましたが、2020年夏期ダイヤより成田線を羽田空港へ移管しています。

これらの移管により、東京からロンドン・ヒースロー空港へのフライトは羽田に一本化されています。

関西国際空港(大阪)-ロンドン間

関西国際空港(大阪)とロンドン・ヒースロー空港との間は2019年3月31日より(日本発着は翌4月1日より)、ブリティッシュ・エアウェイズが直行便を運航しています

日本とイギリスの時差、サマータイム

イギリスは西ヨーロッパ時間(WET)を採用(イギリスではグリニッジ平均時(GMT)とも呼ばれています)しており、日本とイギリスの間には-9時間の時差があります。日本の午後18:00がイギリスの午前09:00となります。

また、イギリスはサマータイムを採用しているため、サマータイム期間中は日本との時差は-8時間となります。

2022年にサマータイムが実施されるのは2022年3月27日(日)~2022年10月30日(日)の期間です。

正確には2022年3月27日(日)2時0分に時計の針を1時間進めて3時0分にします。そして2022年10月30日(日)3時0分に時計の針を1時間戻して2時0分にします。

空港の確認

羽田空港旅客ターミナル
羽田空港旅客ターミナルの公式サイトです。国内線・国際線のフライト検索、フロアガイド(第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナル)、アクセス情報、館内レストラン&ショップ、など。
成田国際空港公式WEBサイト
フライト情報・検索、フロアマップ(第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナル)、交通アクセス 成田空港駐車場案内など。
ロンドン・ヒースロー空港(LHR)
ロンドン・ヒースロー空港は、イギリス最大規模の空港で国際線利用者数では世界一です。ロンドン西部にあり、ブリティッシュ・エアウェイズ、ヴァージン・アトランティック航空のハブ空港になっています。ターミナルは1~5まであります。

日本 – イギリス 直行便フライトスケジュール

イギリス

東京(羽田)⇔ロンドン線 直行便 発着ダイヤ・スケジュール

東京(羽田)-ロンドン間 直行便フライト・スケジュール情報・時刻表。2022年3月27日(日)~2022年10月29日(土)夏期ダイヤ。
2022.05.12
イギリス

大阪(関空)⇔ロンドン線 直行便 発着ダイヤ・スケジュール

大阪(関空)-ロンドン間 直行便フライト・スケジュール情報・時刻表。2022年3月27日(日)~2022年10月29日(土)夏期ダイヤ。
2022.03.24