大阪(関空)⇔ローマ線 直行便 発着ダイヤ・スケジュール

airplane parked during daytime

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。
イタリアへの入国制限と入国後の行動制限

関西国際空港(大阪)-ローマ間に就航している直行便フライト

大阪の関西国際空港とローマの南西にあるローマ・フィウミチーノ空港(別称、レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)との間は、アリタリア・イタリア航空が就航していましたが、2015年夏期スケジュールから運休となっています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の対応

新型コロナウイルス感染の拡大に伴う旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

日本航空 国際線の運休・特別対応

新型コロナウイルス肺炎に関する日本航空のフライトの運休・減便・時間変更、国際線航空券の変更・払い戻し等については以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 国際線運航情報・入国制限や検疫体制 – JAL

全日本空輸(ANA) 国際線の運休・特別対応

全日本空輸の国内線・国際線路線・便数計画の変更や入国制限については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 お知らせ – ANA

航空券の払い戻し(特別対応)と搭乗日の変更(特別対応)については、以下のページで随時、情報が更新されています。

参照 新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について – ANA

アリタリア・イタリア航空の運休・特別対応


※アリタリア・イタリア航空は慢性的な経営不振と、新型コロナウイルス感染症の世界的流行を原因とする国際線需要の低下から経営破綻。2021年10月15日に国営会社のITAエアウェイズ(Italia Trasporto Aereo/Italy Air Transport) へと経営が引き継がれています。当面は規模を縮小して運航。
2022年11月5日に羽田⇔ローマ線を開設します。

参照 PRESS RELEASE – ITAエアウェイズ

夏期ダイヤと冬期ダイヤ

フライトスケジュールは、大まかに夏期スケジュールと冬期スケジュールとに分けられます。

夏期スケジュールは、3月最終日曜日~10月最終日曜日の直前の土曜日までの7か月間です。

冬期スケジュールは、10月最終日曜日~翌年3月の最終日曜日直前の土曜日までの5か月間です。

なお、期間中でも随時、フライトスケジュールに変更があります。必ず各航空会社でご確認下さい。

大阪(関西国際空港) – ローマ間 直行便フライト時刻表 / 2022年3月27日(日)~2022年10月29日(土)夏期ダイヤ

関西国際空港(大阪 / KIX)⇒ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)

運航日 便名 出発時刻 到着時刻 備考

ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)⇒関西国際空港(大阪 / KIX)

運航日 便名 出発時刻 到着時刻 備考

航空会社の公式サイトとIATA航空会社コード

空港の確認

関西国際空港
本日のフライト情報、フライトスケジュール、フロアマップ(第1ターミナル、第2ターミナル)、アクセス情報、ショップ・レストラン情報、など。
フィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)
ローマ・フィウミチーノ空港の公式サイト。ローマ・フィウミチーノ空港は、ローマの南西、約30キロの距離にあるフィウミチーノ(Fiumicino)市にあるイタリア最大の国際空港の一つで、レオナルド・ダヴィンチ空港とも呼ばれます。
ターミナル1、ターミナル2、ターミナル3、ターミナル5の4つのターミナルがあります。
フィウミチーノ空港駅には、トレニタリア(Trenitalia)の列車が直接乗り入れており、ローマ近郊鉄道や高速鉄道「Frecciargento」などが発着します。
ミラノ・マルペンサ空港
ミラノ・マルペンサ国際空港の公式サイト。ミラノ・マルペンサ国際空港はミラノ市の北西48kmのソンマ・ロンバルドにあり、北部イタリア最大の空港です。
ヴェネツィア・テッセラ空港
ヴェネツィア・テッセラ空港の公式サイト。ヴェネツィア・テッセラ空港(伊: Aeroporto di Venezia-Tessera, 英: Venezia Tessera Airport)は、ヴェネツィア本島の北、大陸側にあり、ヴェネツィアへの空の玄関口として機能しています。ヴェネツィア出身の旅行家・マルコ・ポーロに因んでマルコ・ポーロ国際空港(Malco Polo International Airport)とも呼ばれています。
空港からヴェネツィア本島へのアクセスは、ローマ広場までの路線バス(ACTV社が運行)・リムジンバス(ATVO社が運行)、
及びヴェネツィア本島各地へ乗り入れる水上バス(Alilaguna社が運行)。将来的には地下鉄が開通する予定。