祝日・祭日・休日・イベント・行事

スペインの祝祭日・休日について

スペインの祝祭日・休日はキリスト教関係のものもあり、一般の日本人には多少、馴染みのないものがあります。しかも、日付が変わる「移動祝日」もあります。

これは、キリスト教における最重要祝日・復活祭(イースター)が、「春分の日以降の満月の次の日曜日」と決められているため、 毎年その日付が変わります。そして、多くのキリスト教の行事・典礼が復活祭を起点として日にちを数えるため、「移動祝祭日」となります。

スペインでは、毎年10月頃にスペインの労働省(Dirección General de Trabajo)が翌年の祝日を正式に発表しています。

なお、スペインの国全体の祝日の他、各自治州の祝日が数日、市町村ごとのローカルホリデー2日あります。これらの祝日は、各自治州によって決められます。

日本とスペインの時差、サマータイム

スペインは中央ヨーロッパ時間(CET)を採用しており、日本との間に-8時間の時差があります。日本の午後17:00がスペインの午前09:00となります。

また、スペインはサマータイムを採用しているため、サマータイム期間中の日本との時差は-7時間となります。

2021年にサマータイムが実施されるのは2021年3月28日(日)~2021年10月31日(日)の期間です。

正確には2021年3月28日(日)2時0分に時計の針を1時間進めて3時0分にします。そして2021年10月31日(日)3時0分に時計の針を1時間戻して2時0分にします。

2021年スペインの祝日/休日/記念日/イベント/お祭りカレンダー

※赤字が国全体の祝日です。
※オレンジ色が主なローカルホリデーです(主にマドリード州&マドリード市、カタルーニャ州&バルセロナ市)。

2021年1月1日(金)元旦 / Año Nuevo
スペイン全土。
2021年1月6日(水)公現祭(主顕節) / Epifanía del Señor
新約聖書に出てくる「東方の三博士(三賢者)」が、幼子イエスのもとを来訪したことを祝う日です。スペインでは子供の日となっています。
スペイン全土。
2021年2月28日(日)アンダルシアの日 / Día de Andalucía
スペイン南部に位置するアンダルシア州が1980年2月28日の住民投票により、アンダルシアが自治州となったことを記念する祝日です。町ではアンダルシア州の旗が掲げられ、アンダルシア特有の文化、歴史、生き方に触れる日となっています。
アンダルシアの祝日。
2021年3月19日(火)サン・ホセの日 / San José
サン・ホセとはスペイン語で聖ヨセフ、つまりイエス・キリストの父親のこと。大工だったことから大工職人達の守護聖人として崇められています。 スペイン三大祭りの一つの「サン・ホセの火祭り」が、地中海を臨むバレンシアで華々しく催されます。 街々の広場や通りをフィヤと呼ばれる張子人形で飾り付け、3月19日のサン・ホセの夜に全て焼き払い、春の訪れを祝います。なお、スペインではサン・ホセの日は父の日ともなっています。
カスティーリャ-ラ・マンチャ、マドリード、ムルシアの祝日。
2021年4月1日(木)聖木曜日 / Viernes Santo
復活祭前の木曜日にあたる日です。復活祭前の一週間は特別な期間ですが、中でも聖木曜日からの三日間は特に尊重され、特別な典礼や礼拝が行われます。
アンダルシア、アラゴン、アストゥリアス、バレアスク諸島、バスク、セウタ、エストレマドゥーラ、ガリシア、カンタブリア、カスティーリャ-ラ・マンチャ、カスティーリャ-イ・レオン、ラ・リオハ、マドリード、メリリャ、ムルシア、ナバラ
2021年4月2日(金) 聖金曜日 / Viernes Santo
復活祭の前の金曜日にあたり、「受難日」「受苦日」とも呼ばれます。 イエス・キリストの受難と死を記念する日で、福音書の記述をもとにイエスの受難を思い起こす特別な典礼や祈りが行われます。
スペイン全土。
2021年4月3日(日)復活祭(イースター) / Fiesta de Pascua
復活祭(イースター)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する日で、キリスト教の典礼暦における最重要祝日です。 春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝う移動祝日です。
2021年4月5日(月)復活祭後の月曜日 / Lunes de Pascua
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する復活祭(イースター)の次の日の月曜日も、いわゆるイースター・マンデーとしてカタルーニャ州やバレンシア州では祝日となっています。
バスク、カタルーニャ、ナバラ、バレンシアの祝日。
2021年4月23日(金)聖サン・ホル(サン・ジョルディ)の日 / San Jorge
キリスト教の聖人・聖ゲオルギオス(サン・ジョルディ)の聖名祝日(ゲオルギオスの日)。「本の日」とも呼ばれ、カタルーニャでは親しい人に本を贈る記念日ともなっています。
アラゴン州、カスティーリャ-イ・レオン州の祝日。
2021年5月1日(土)メーデー / Fiesta del Trabajo
毎年5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う日、あるいは労働者による祭典が開かれます。スペインでも祝日となっています。
スペイン全土。
2021年5月2日(日)マドリード州の日 / Día de Madrid
1808年5月2日にナポレオンが率いるフランス軍に対して、マドリード市民が一斉蜂起したことを記念して讃えるマドリード州の祝日です。
マドリード州の祝日。
2021年5月2日(日)母の日 / Día de la Madre
スペインでは、毎年5月の第1日曜日が「母の日」となっています。
2021年5月15日(土)聖サン・イシドロの日 / Día de San Isidro
毎年5月15日にマドリードの守護聖人サン・イシドロを祭るマドリード市の祝日です。この日に前後して、マドリードでは、パレード、コンサートや舞踊、あるいは闘牛祭など様々なイベントが聖イシドロ祭として開催されます。
マドリード市の祝日。
2021年5月17日(月)ガリシア文学の日 / Día das Letras Galegas
スペイン北西部ガリシア州でガリシア人を中心に使われているガリシア語の日。ガリシア語やガリシア文化の復興に向けて、現地では様々なイベントが開催されます。
ガリシア州の祝日。
2021年5月23日(日)ペンテコステ(聖霊降臨祭) / Pentecostés
復活祭から7週間目の日曜日、イエスの復活・昇天後、祈っていた120人の信徒たちの上に神からの聖霊が降ったことを記念する祭日です。日本では五旬節、五旬祭とも呼ばれています。
2021年5月30日(日)カナリアス群島の日 / Día de Canarias
大西洋上に位置する、7つの島からなるカナリアス群島の日。
カナリアス諸島州の祝日。
2021年5月31日(月)カスティーリャ=ラ・マンチャ州の日 / Día de la Región Castilla-La Mancha
スペイン中部に位置するカスティーリャ=ラ・マンチャ州の日。
カスティーリャ・ラ・マンチャ州の祝日。
2021年6月24日(木)サンファンの日 / San Juan de la jornada
夏至の時期頃に当たる6月24日、スペイン沿岸部バレンシア地方の港湾都市アリカンテをはじめ、スペイン全国で夏の到来を祝う「サンフアンの火祭り」が行われます。
2021年7月25日(日)ガリシアの日 / Día Nacional de Galicia
スペイン北西に位置するガリシア州の日。
ガリシア州の祝日。
2021年8月15日(日)聖母被昇天祭 / Asunción del Viergen
カトリックで聖母マリアがその人生の終わりに肉体と霊魂を伴って天国にあげられた事を記念する祝日です。 1950年に当時のローマ教皇ピオ12世によって正式に教義とされています。
スペイン全土。
2021年9月8日(水)アストゥリアスの日 / Día de Asturias
イベリア半島の北部に位置するアストゥリアス州の日。
アストゥリアス州の祝日。
2021年9月8日(水)エストレマドゥーラの日 / Día de Extremadura
エストレマドゥーラ州の日。
エストレマドゥーラ州の祝日。
2021年9月11日(土)カタルーニャの祝日 / Fiesta Nacional de Cataluña
スペイン北東部に位置するカタルーニャ自治州の「国民の日」。1714年9月11日、スペイン継承戦争でブルボン家新王フェリペ5世の軍隊がオーストリア・ハプスブルク側に立ったカタルーニャを攻撃、バルセロナ市を陥落。カタルーニャの伝統的政治制度が廃止されます。この日を追悼する「国民の日」となっています。
カタルーニャ州の祝日。
2021年9月24日(金)聖母メルセの日/メルセ祭り / Nuestra Señora días Merce
バルセロナの守護聖人である聖女メルセを祝うバルセロナ市最大のお祭り。9月18~24日に渡って、パルセロナ市内の各所でコンサート、花火大会、パレードなど様々なイベントが盛大に行われます。多くの美術館・博物館も無料開放されます。
2021年10月9日(土)バレンシアの日 / Día de la Comunidad Valencianaa
スペイン東部に位置するバレンシア州の日。
バレンシア州の祝日。
2021年10月12日(火)イスパニアデー / Fiesta Nacional de España(Día de la Hispanidad)
マドリード市内では大々的なパレードが行われます。国立美術館の入場料も無料となるようです。 もともとマリア・クリスティーナ女王統治時代の1892年にアメリカ大陸発見400周年記念として祝日に設定。その後、1987年スペインの日として正式に制定されています。
スペイン全土。
2021年10月31日(日)ハロウィン / Halloween
カトリックの万聖節(諸聖人の日)の前の晩に行われるキリスト教圏の伝統行事です。
2021年11月1日(月)諸聖人の日 / Todos los Santos
キリスト教で全ての聖人と殉教者を記念する祝日です。「万聖節」とも言われています。
スペイン全土。
2021年11月2日(火)死者の記念日 / Fete des Morts
「諸聖人の日」の翌日は、カトリックの「死者の記念日」にあたり、ちょうど日本のお盆のように「お墓参り」する習慣があります。
2021年11月9日(火)聖母アルムデナの日 / Virgen de la Almudena
マドリードの守護聖人である聖母アルムデナを讃えるお祭りの日です。マヨール広場では11:00からミサが行われます。マヨール広場やアルムデナ大聖堂周辺は交通規制が敷かれ、相当な混雑となります。
マドリード市の祝日。
2021年12月6日(月)憲法記念日 / Día de la Constitución Española
フランシスコ・フランコによる独裁政権崩壊後、スペイン民主化運動によって「1978年憲法」が制定されたことを祝う祝日です。1978年10月31日の国民投票で88%の賛成票を得た後、1978年12月6日に国会で可決。スペイン各地で様々な催しがあります。マドリードにある国会は、入館自由となります。
スペイン全土。
2021年12月8日(水)聖母マリア祭(聖母受胎祭) / La Inmaculada Concepción
聖母マリアがイエスを身籠たとされる日。日本では「無原罪の御宿りの日」とも呼ばれ、スペインのみならず世界中のカトリック教国で祝日となっています。
スペイン全土。
2021年12月25日(土)クリスマス / Natividad del Señor
クリスマス。
スペイン全土。

▲ページトップへ