コロナウィルス感染拡大によるベルギー入国制限と入国後の行動制限

covid-19

ベルギーへの入国制限と入国後の行動制限

新型コロナウイルス感染の拡大に伴い、世界各国・地域で入国・入域制限、入国後の行動制限措置が行われています。
また、旅行需要の低下から、各航空会社のフライトが欠航・減便・運休しています。必ず航空会社のサイトなどでご確認下さい。

日本からベルギーに入国するためには、以下のいずれかに該当する必要があります。

  • ワクチン接種証明書の所持者(※1)
  • EU加盟国・シェンゲン協定国の国籍保有者又はEU加盟国・シェンゲン協定国に主たる住居を有する者
  • 必要不可欠な理由を有する者(※2)

※1 EMA(欧州医薬品庁)が認定したワクチンまたはコビシールドのワクチンの最後の接種から2週間以上が経過していれば、完全接種とみなされます。

※2 「必要不可欠な理由について」の詳細は以下を参照。
nternational travels
Specifications of certain categories of travel which are considered essential

また、渡航48時間前までの渡航者追跡フォーム(Passenger Locator Form)への入力する必要があります。
Passenger Locator Form(英語)

PCR検査(到着前72時間以内)または迅速抗原検査(到着前36時間以内)の陰性証明書の携行・提示する必要があります(ワクチン未接種の場合のみ※3)。

※3 ベルギーに居住している者は、ワクチン未接種の場合でも到着前検査は不要ですが、到着後1日目検査及び検査結果判明までの自宅待機が必要です。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響は日々刻々と変化しています。日本外務省の公式サイトに、世界各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況、日本を含む感染確認国・地域からの入国・入域制限が行われている国・地域のリストが随時、更新されています。
また、在ベルギー日本国大使館、在日本ベルギー大使館の公式サイト等でも最新情報ご確認下さい。