ポーランド基本情報

ポーランドの概要

正式国名
ポーランド語: Rzeczpospolita Polska(ジェチュポスポリタ・ポルスカ)
英語: Republic of Poland
日本語: ポーランド共和国
首都
ワルシャワ(Warsaw)。
面積
31万2685km²。日本の面積の約4/5の大きさです。
人口
約3848万5779人(2014年総計)
政治体制
共和制。直接投票によって選ばれる大統領が国家元首で、象徴的存在。政治の実権は首相にあります。立法府は、セイム(議会)とセナト(元老院)の二院制議会(Zgromadzenie Narodowe)。
2004年5月1日に欧州連合 (EU) に加盟。
民族構成
93.52%がポーランド人(カシュープ人やグラル人を含む)(2011年国勢調査)。かつては多民族国家で、文化的にそのなごりが見られます。
言語
国語・公用語はポーランド語。 ポーランド語はスラヴ語派西スラヴ語群に属する言語で、チェコ語、スロヴァキア語、上ソルブ語、下ソルブ語などと同じ言語グループに属しています。表記は、12世紀に導入したラテン文字のアルファベットを用いています。
宗教
国民の約95%がカトリック教徒。ポーランド人の価値観や日常生活にもカトリックが強く根付いています。
国旗
ポーランド国旗 上半分が白、下半分が赤の水平二色旗です。 ポーランドの伝説的建国者レヒが、夕日を背景に飛ぶ白鷲を見て紋章にした由来に基いています。 19世紀の独立運動の中、白は共和国の尊厳を、赤は自由を表すものとされ、1919年に国旗として定められています。
国歌
『ドンブロフスキのマズルカ』(ポーランド語: Mazurek Dąbrowskiego)。歌の出だしが「まだポーランドは滅びていない」で始まることから、『ポーランドは未だ滅びず』(Jeszcze Polska nie zginęła)とも呼ばれています。
ポーランド共和国の国歌の詳細・歌詞・視聴
国花
パンジー
時差
ポーランドは中央ヨーロッパ時間(CET)を採用しており、日本との時差は-8時間。 日本時間の午後17:00がポーランド時間の午前09:00です。
また、ポーランドはサマータイムを採用しているため、サマータイム中の日本との時差は-7時間。つまり、日本の午後16:00がポーランドの午前09:00となります。
2017年にサマータイムが実施されるのは2017年3月26日(日)~2017年10月29日(日)の期間です。

旅行基本情報

入出国/パスポート/ビザ
【パスポート】ポーランドあるいはシェンゲン加盟国領内からの出国予定日より3ヶ月以上の有効残存期間があることが必要です。
なお、シェンゲン協定実施国間の入出国は国内移動と同様に扱われ、入出国時に税関審査がありません。 日本など協定加盟国以外から入国する場合は、最初に到着した協定加盟国の空港で入国、税関審査を受けます。
【ビザ】日本国民の場合、6ヵ月間のうち90日以内の観光目的の旅であれば、ビザは不要です。
※ビザ・パスポート等の情報は、予告なく変更されることがあります。 必ず大使館、領事館、旅行会社でご確認ください。
電圧/電源プラグ
電圧は230V、周波数は50Hz。 日本国内用の電化製品はそのままでは使えないため、変圧器が必要です。
電源プラグの形状は、2本足のCタイプが一般的です。
ビデオ方式/DVD方式
ポーランドのテレビ、ビデオの出力方式はPAL方式。一方、日本はNTSC方式のため、ポーランドで購入したDVDソフトは、日本の一般的なビデオ・プレイヤーやDVDプレ ーヤーで見ることはできません(PAL対応機種なら可)。
DVD内蔵パソコンは通常PAL出力対応のため、DVDソフトの地域コード(Region Code)が日本と同じ「2」ならば、再生することができます。
ブルーレイの場合は、ヨーロッパの地域コードが「B」であることに対して、日本の地域コードは「A」と、異なるため、一般的なブルーレイプレーヤーでは再生できません。
ポーランドの水道水は、そのまま飲むことはできません。注意が必要です!  スーパーやコンビニなどで売られているミネラルウォーターを購入しましょう。炭酸入りのガゾヴァナ(gazowana)が一般的ですが、炭酸無しのニェガゾヴァナ(niegazowana)もあります。
スーパーなどで500mlペットボトルが1.7zl~。
ビジネスアワー
一般的な営業時間の目安は以下の通りです。
【銀行】平日08:00~17:00。通常、土・日曜は休業ですが、一部の銀行は土曜の午前中も営業。
【デパート/ショップ】一般的なショップは、平日10:00~11:00ごろに開店し、18:00~19:00ごろ閉店。土曜は~13:00、日曜・祝日は休業。デパートは通常、10:00~20:00、スーパーは9:00~21:00。
【レストラン】11:00~23:00が一般的。
基本マナー
レディー・ファーストが根付いています。交通機関の乗り降りやショップなどに出入りする際は、レディー・ファーストを心がけましょう。また、高齢者への配慮も基本です。
【トイレ】公共の場所にあるトイレは基本、有料です。使用料は1~3zl。
郵便
一般郵便局の営業時間は、月~金曜10:00~18:00。土曜は午前中のみ、 日曜は休業。 大都市の中央郵便局は、24時間営業のところや、定休日無しのケースもあります。
はがきと封書は50gまで5.2zl~。小包はエコノミーが1kgまで59zl、2kgまで65zl。
貨幣
通貨単位はズウォティ(zloty / zl)。補助通貨としてグロシュ(grosz / gr)があります。1zl=100gr。
紙幣は10zl、20zl、50zl、100zl、200zlの5種類。
硬貨は1gr、2gr、5gr、10gr、20gr、50gr、1zl、2zl、5zlの9種類。
1zl≒26.471円(2016年10月3日現在)。
チップについて
レストランやホテルなどの料金にはサービス料が含まれていることもあります。 常にチップを払う必要はりません。あくまで快適なサービスを受けたと思った場合にチップを!
【タクシー】おつりをあげる程度が目安。
【レストラン】高級レストランでサービスが良かった時は、料金の10%程度が目安。
【ホテル】ベルボーイやルームサービスなどは、1回につき3zlが目安。
税金
ほとんどの商品には、PTU(VAT)と呼ばれる付加価値税が5~23%かかっています。1回の買い物で200zl以上の物を購入した場合、手続きをすれば最大16.5%の税金が払い戻されます。購入した月の末日から3ヵ月以内に未使用の状態でEU最終出国地の税関でスタンプを受領、購入日から7ヵ月以内に払い戻しの申請します。

▲ページトップへ