フィンランド基本情報

フィンランドの基本知識

正式国名
フィンランド語: Suomen tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)
スウェーデン語: Republiken Finland(レプブリケン・フィンランド)
英語: Republic of Finland
日本語: フィンランド共和国
首都
ヘルシンキ(Helsinki)
面積
約33万8144km2
人口
約543万人
政治体制
大統領を国家元首とする共和制。大統領は国民の直接選挙によって選ばれ、任期は6年。 議会はエドゥスクンタ(Eduskunta)と呼ばれ、一院制。200議席を15の選挙区に分け比例代表制選挙で選出します。任期は4年。
民族構成
フィン人が91.7%、スウェーデン人(スウェーデン系フィンランド人)が5.5%、 サーミ人が0.1%、ロマ人が0.1%。
言語
公用語はフィンランド語とスウェーデン語。 使用されている言語は、フィンランド語が93.4%、スウェーデン語が5.9%。 サーミ語は、1999年の憲法改正により準公用語となっています。
宗教
フィンランド福音ルター派教会が78%、フィンランド正教会が1.1%。 他の宗教(ローマ・カトリック教会、ユダヤ教、イスラム教)と無宗教が約20%。
国旗
フィンランドの国旗
デザインは白地に青十字。青は空と湖、白は雪を、そして十字はキリスト教を象徴しています。
国歌
我等の地(フィンランド語: Maamme / スウェーデン語: Vårt land)。 第二の国歌として、フィンランドの国民的音楽家、ジャン・シベリウス作曲の「フィンランディア」も よく知られています。
フィンランド国歌「我等の地」(Maamme)の詳細・歌詞・視聴
国花
ヤグルマギク
国民の人気投票によってスズランが国花として選ばれたそうです。 フィンランド語で「kielo」(キエロ)。
時差
フィンランドは 東ヨーロッパ時間(EET)を採用しており、日本との間に-7時間の時差があります。 日本の午後16:00がフィンランドの午前09:00となります。
また、フィンランドはサマータイムを採用しているため、サマータイム期間中の日本との時差は-6時間となります。 2017年にサマータイムが実施されるのは2017年3月26日(日)~2017年10月29日(日)の期間です。

旅行基本情報

入出国/パスポート/ビザ
【パスポート】観光目的の場合、入国時に滞在予定日数+3ヵ月以上の有効残存期間が必要。
なお、シェンゲン協定実施国間の入出国は国内移動と同様に扱われ、入出国時に税関審査がありません。 日本など協定加盟国以外から入国する場合は、最初に到着した協定加盟国の空港で入国、税関審査を受けます。
【ビザ】日本国民の場合、3ヵ月以内の観光目的滞在ならばビザは不要です。
※ビザ・パスポート等の情報は、予告なく変更されることがあります。 必ず大使館、領事館、旅行会社でご確認ください。
電圧/電源プラグ
電圧は220/230V、周波数は50Hz。日本国内用の電化製品はそのままでは使えないため、変圧器が必要です。
プラグの形状は丸2ピンのCタイプ。
ビデオ方式/DVD方式
フィンランドのテレビ、ビデオの出力方式は、日本(NTSC方式)とは異なるPAL方式のため、 フィンランドで購入したビデオソフトを日本の一般的なビデオ・プレイヤーやDVDプレーヤーで見ることはできません(PAL対応機種なら可)。
DVDソフトは、地域コード(Region Code)が日本と同じ「2」のため、 PAL方式をNTSC方式に変換出力できるDVDプレーヤーならば、視聴できます。また、 DVD内蔵パソコンで再生することができます。
フィンランドの水道水は通常、飲用できます。気になる人はミネラルウォーターを手軽に購入できます。 フィンランドのミネラルウォーターは、炭酸入りが多いため、炭酸入りが苦手な方は事前確認を!
ビジネスアワー
【銀行】通常、月~金曜9:15~16:15。土・日・祝日は休業。ただし銀行によって異なります。
【デパート】月~金曜9:00~21:00、土曜9:00~18:00、日曜はお休み。夏シーズンおよび12月は日曜も営業する場合あります。
【商店】月~金曜9:00~18:00、土曜9:00~15:00ごろが目安です。日曜はお休みの店が多いですが、夏シーズンは日曜も営業しています。
【レストラン】昼食11:30~14:00、夕食17:30~23:00頃。
基本マナー
【飲酒】 18歳未満は禁止です。アルコール度数の低いライトビール以外のアルコールは、 国営のリカーショップ「アルコ」(Alko)でのみ購入できます。その際、身分証明書が必要です。
【喫煙】18歳未満は禁止。駅や空港などの交通機関、オフィス、公共の施設は禁煙です。 また、ほとんどのレストランが禁煙です。バーなどは喫煙席と禁煙席が分けられています。ホテルでは禁煙室と喫煙室の両方が用意されています。
郵便
郵便局はポスティ(Posti)と呼ばれています。街なかのポストは黄色です。
【営業時間】郵便局によって異なりますが、通常、月~金曜は9:00~18:00、土~日と祝日はお休みです。 なお、大きな郵便局は土・日曜も営業しています。
貨幣
通貨単位はユーロ(€)。補助通貨単位はセント/サンチーム(Cent / Centime)。
紙幣は€500、€200、€100、€50、€20、€10、€5。
硬貨は€2、€1、50セント、20セント、10セント、5セント、2セント、1セント。 硬貨の裏面はフィンランド独自のデザインです。
1ユーロ≒113.810923円(2016年10月3日現在)。
チップについて
レストランやホテルなどの料金にサービス料が含まれているため、チップ(フィンランド語でトリンクゲルト)を 払う習慣はありません。
ホテルでは特別なことを頼んだ場合、1回につき€1程度が目安ですが、ベッドメイクに枕元にチップを置く必要はありません。
税金
フィンランドでは、ほとんどの商品に24%(食料品は12~17%)の付加価値税(VAT)がかかっています。 EU加盟国以外の国に居住している旅行者が、「TAX FREE」と表示のある店で1日1店舗につき各税率€40以上の買い物をした場合、 所定の手続きをすれば商品にかけられている付加価値税の最大17%を払い戻すことができます。
フィンランドから直接日本へ帰国する場合、あるいはEU加盟国以外の国へ出国する場合は、 フィンランド出国時に払い戻しを受けるための手続きを行ないます。

▲ページトップへ