ベルギー基本情報

ベルギーの基本知識

正式国名
ベルギー王国
英語:Kingdom of Belgium
オランダ語:Koninkrijk België
フランス語:Royaume de Belgique
ドイツ語:Königreich Belgien
首都
憲法に規定されたオランダの首都はアムステルダム(Amsterdam)。 政府、中央官庁、王室、国会など首都機能のほとんどはハーグにあります。
面積
約3万528km²。日本の約12分の1の大きさです。
人口
約1,130万3500人(2016年)
政治体制
1993年8月9日に即位したアルベール2世国王を 元首とする立憲君主制。議会(スターテン・ヘネラール)は二院制で、第一院(上院)75名、第二院(下院)150名。
民族構成・言語
公用語は、オランダ語の一種であるフラマン語(北部フランデレン地域)、フランス語(南部ワロン地域)、ドイツ語。フラマン語を話すフラマン人が58%、フランス語を話すワロン人が31%、その他11%。近年は、ブリュッセルを中心に中東系を中心とした移民が増えています。
宗教
ローマ・カトリックが75%、プロテスタントが25%、イスラム教が3%となっている。この他に、ユダヤ教等を信仰する者もいる。 日本でも西日本を中心に布教活動を。
国旗
ベルギーの国旗 黒地に赤い爪や赤い舌を出している黄色いライオンというブラバント公の紋章に因んだ旗です。黒は力、黄色は円熟、赤は勝利を表しています。
国歌
『ブラバントの歌』(オランダ語:De Brabançonne、フランス語:La Brabançonne、 ドイツ語:Das Lied von Brabant))。
ベルギー王国の国歌「ブラバントの歌」(ラ・ブラバンソンヌ)の詳細・歌詞・視聴
国花
チューリップ(Tulip) 
時差
ベルギーは中央ヨーロッパ時間(CET)を採用しており、日本との時差は-8時間。 日本時間の午後17:00がオランダ時間の午前09:00です。
また、ベルギーはサマータイムを採用しているため、サマータイム中の日本との時差は-7時間。つまり、日本の午後16:00がベルギーの午前09:00となります。
2018年にサマータイムが実施されるのは2018年3月25日(日)~10月28日(日)の期間。

ベルギー旅行基本情報

入出国/パスポート/ビザ
【パスポート】原則としてパスポートの残存期間は出国時に3ヵ月以上が必要。帰国日記載の往復航空券。
なお、シェンゲン協定実施国間の入出国は国内移動と同様に扱われ、入出国時に税関審査がありません。 日本など協定加盟国以外から入国する場合は、最初に到着した協定加盟国の空港で入国、税関審査を受けます。
【ビザ】日本国民の場合、6ヵ月間のうち90日以内の観光目的の旅であれば、ビザは不要です。
※ビザ・パスポート等の情報は、予告なく変更されることがあります。 必ず大使館、領事館、旅行会社でご確認ください。
電圧/電源プラグ
電圧は220V、周波数は50Hz。
日本国内用の電化製品はそのままでは使えないため、変圧器が必要です。
プラグの形状は2本足型のCタイプ、または3本足型のSEタイプが主流。
ビデオ方式/DVD方式
ベルギーのテレビ、ビデオの出力方式はPAL方式。一方、日本はNTSC方式のため、ベルギーで購入したDVDソフトは、日本の一般的なビデオ・プレイヤーやDVDプレーヤーで見ることはできません(PAL対応機種なら可)。
DVD内蔵パソコンは通常PAL出力対応のため、DVDソフトの地域コード(Region Code)が日本と同じ「2」の場合、再生することができます。
ブルーレイの場合は、ヨーロッパの地域コードが「B」であることに対して、 日本の地域コードは「A」と異なるため、一般的なブルーレイプレーヤーでは再生できません。
ベルギーの水道水は飲料用として水質に問題はなく、通常はそのまま飲むことができます。ただし、硬水のため、胃腸が敏感な方はミネラルウォーターをどうぞ。手軽に購入できます。ミネラルウォーター(500ml)1本のお値段は、スーパーマーケットで約€0.50~0.80が目安。
なお、ネラルウォーターには炭酸入りと、炭酸無しがあります。
トイレ
オランダ語:Toilet(トアレット)、フランス語:Toilettes(トワレットゥ)。
男性用トイレは、オランダ語でHeren(ヘーレン)、フランス語でHommes(オム)、またはMessieurs(ムッシュウ)。
女性用トイレは、オランダ語でDames(ダーメす)、フランス語でFemmes(ファム)、またはDames(ダム)と表示。
駅、公共施設、カフェ、デパート、博物館などでトイレを利用できます。有料の場合が多く、€0.30~0.50程度が目安。
基本マナー
【喫煙】公共の施設内およびレストラン、バー、カフェは完全禁煙です。
なお、ベルギーでは16歳から喫煙可。
【飲酒】ベルギーでは16歳から。アルコール度15%以上のお酒は18歳以上から飲酒可能です。
郵便
ベルギーの郵便局は「bpost」と呼ばれ、一般的な営業時間は平日09:00~17:00。主要郵便局は、土曜日も営業するところがあります。切手は、郵便局やキオスクなどで購入できます。
【郵便料金】日本へのエアメールは、ハガキ、封書(50gまで)ともに€1.45。5~6日の所要日数で日本に到着します。
貨幣
通貨単位はユーロ(€)。補助通貨単位はセント/サンチーム(Cent / Centime)。
紙幣は€500、€200、€100、€50、€20、€10、€5。
硬貨は€2、€1、50セント、20セント、10セント、5セント、2セント、1セントで、 独自デザインの硬貨の裏面はフィリップ国王の横顔の独自デザインのものが多く流通しています。
チップについて
レストランやホテルなどの料金にはサービス料が含まれていることもあります。 常にチップを払う必要はりません。あくまで快適なサービスを受けたと思った場合にチップを!
【タクシー】料金の約5%が目安です。
【レストラン】料金にサービス料が含まれていることが多く、一般的には不要です。
【ホテル】ベルボーイやルームサービスなどは、1回につき€0.5~1が目安。
税金
ほとんどの商品に、21%のTVA(フランス語)、BTW(オランダ語)と呼ばれる付加価値税がかかっています(本、食料品などは6%)。
EU滞在が3ヵ月未満の旅行者の場合、所定の手続きをすることで税金が還付されます。還付はレシート1枚€50以上の買い物で、その商品を使用せずに持ち出す場合。ただし、たばこ類、ホテル、飲食、チョコレートなど一部の食料品は還付されません。

▲ページトップへ