オーストリア基本情報

オーストリアの基本知識

正式国名
ドイツ語:Republik Österreich
英語:Republic of Austria
日本語:オーストリア共和国。通称はオーストリア。
首都
ドイツ語:Wien 英語名: Vienna 日本語:ウィーン
面積
83,870km2(112位)。北海道より少し大きい広さです。
人口
約842万人
政治体制
9つの州から成る連邦共和制。議会は4年毎に選挙で選ばれる183議席の国民議会と、 各州議会から送られる62議席の連邦議会の二院制。 国家元首は国民の直接選挙で選ばれる連邦大統領(任期は6年)。 EU(欧州連合)に加盟しています。
民族構成
ドイツ語を母語とするオーストリア人が全人口の91.1%を占めており、 その他、ハンガリー系など東欧系、ユダヤ系民族など。
言語
公用語はドイツ語。 日常的に話されているのは、ドイツ南部で話されている上部ドイツ語(Oberdeutsch)系方言です。
宗教
人口の約78%がカトリック、約5%がプロテスタント。 その他、イスラム教、ユダヤ教など。
国旗
オランダの国旗 上から赤、白、赤の旗です。 13世紀にオーストリア公であったバーベンベルク家(Babenberg)のフリードリヒ2世(喧嘩公)が、 神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世に対し反乱を企てたときに制定されたもので、 現在、使用されている世界最古の国旗の一つです。
国歌
山岳の国、大河の国(ドイツ語:Land der Berge, Land am Strome)
 オーストリア国歌の詳細・歌詞・視聴
国花
エーデルワイス(Leontopodium alpinum)、アルペンローゼ(Rhododendron ferrugineum)、アルペンエンツィアン(Gentiana alpina)。
時差
オーストリアは中央ヨーロッパ時間(CET)を採用しており、日本との時差は-8時間。 日本時間の午後17:00がオーストリア時間の午前09:00です。
また、オーストリアはサマータイムを採用しているため、サマータイム中の日本との時差は-7時間。つまり、日本の午後16:00がオーストリアの午前09:00となります。
2017年にサマータイムが実施されるのは2017年3月26日(日)~2017年10月29日(日)の期間です。

旅行基本情報

入出国/パスポート/ビザ
【パスポート】パスポートの残存有効期間が日本帰国時まであること。
なお、シェンゲン協定実施国間の入出国は国内移動と同様に扱われ、入出国時に税関審査がありません。 日本など協定加盟国以外から入国する場合は、最初に到着した協定加盟国の空港で入国、税関審査を受けます。
【ビザ】日本国民の場合、6ヵ月以内の観光目的の旅であれば、ビザは不要です。
※ビザ・パスポート等の情報は、予告なく変更されることがあります。 必ず大使館、領事館、旅行会社でご確認ください。
電圧/電源プラグ
電圧は230V、周波数は50Hzです。 日本国内用の電化製品はそのままでは使えないため、変圧器が必要です。
プラグコンセントの形状は、Cタイプが一般的で、一部SEタイプもあります。
ビデオ方式/DVD方式
オーストリアのテレビ、ビデオの出力方式はPAL方式。一方、日本はNTSC方式のため、 オーストリアで購入したDVDソフトは、日本の一般的なビデオ・プレイヤーやDVDプレ ーヤーで見ることはできません(PAL対応機種なら可)。
DVD内蔵パソコンは通常PAL出力対応のため、 DVDソフトの地域コード(Region Code)が日本と同じ「2」ならば、 再生できます。
ブルーレイの場合は、ヨーロッパの地域コードが「B」であることに対して、 は日本の地域コードは「A」と異なるため、一般的なブルーレイプレーヤーでは再生できません。
オーストリアの水道水は、通常、アルプスの湧き水を利用しており、そのまま飲むことができます。 レストランやスーパーなどで売っているミネラルウォーターは、 炭酸入り(mit Kohlensäureまたはprickelnd)、 微炭酸(mild)、 炭酸なし(ohne Kohlensäureまたはstille)があります。 500ml入りで、約€1が目安です。
ビジネスアワー
【デパート / ショップ】一般的には、月~金曜の平日10:00~18:00頃、 土曜9:00~13:00(大都市や観光地、あるいはクリスマスシーズンは~17:00)。
【レストラン】昼食11:30~14:00、夕食18:00~22:00頃。
【銀行】月~金曜8:30(9:00)~15:00(木曜~17:00)が一般的で、昼休みは12:30~13:30。
基本マナー
【喫煙】オーストリアの空港、駅、列車内は全て禁煙です。 レストランやカフェの室内席は、禁煙または完全分煙で、 入口に禁煙と喫煙の別がステッカーで表示してあります。屋外席は喫煙が可能です。
【トイレ】トイレの表示は「Toilette」(トアレッテ)や「WC」(ヴェー・ツェー)、あるいは 「00」です。女性用は「Damen」「Frauen」「D」、男性用は「Herren」「Männer」「H」の表示です。 駅や町の公衆トイレは有料(約€0.50)。 デパートではレストランのフロアによくあります。
ちなみに博物館などのトイレは無料です。
郵便
【郵便局の営業時間】通常、平日8:00~18:00、土曜は9:00~12:00。 日曜と祝日は休業です。中央郵便局や大都市の駅では夜遅くまで営業している所もある一方、 小さな局では昼休みを取る所もあります。
【郵便料金】 料金は、プライオリティー(Priority)とエコノミー(Economy)の2種類に分かれています。 プライオリティーだと日本まで2~6日で到着するようです。
日本宛料金はハガキ・封書20gまで€1.70(プライオリティー)。 封書は50gまでで、プライオリティー€2.40、エコノミー€2.10。
貨幣
通貨単位はユーロ(€、EURO、EUR)、補助通貨単位はセント(CENT)です。 ドイツ語読みだと「ユーロ」は「オイロ」、「セント」は「ツェント」。
紙幣の種類は5、10、20、50、100、200、500ユーロ。
硬貨の種類は1、2、5、10、20、50セント、1、2ユーロで、 硬貨の裏面はオーストリア独自のデザインとなっています。
1ユーロ≒113.810923円(2016年10月3日現在)。
チップについて
レストランやホテルなどの料金には、通常、サービス料が含まれています。 常にチップを払う必要はありません。 「嬉しいサービスをしてくれた」と感じた時にはチップを!
【タクシー】トランクへの荷物の出し入れなど、€1前後が目安です。
【ホテル】ベルボーイやルームサービスを頼んだときは、約€1が目安。
【トイレ】掃除の係員がお皿を置いて座っている場合は、0.20~0.30が目安。
税金
オーストリアでは、ほとんどの商品に付加価値税(Ust.)が20%かかっています。 海外からの旅行者は、所定の条件を満たす場合、税金が免除される特典があります。 通常、商品価格の約13%を払い戻すことができます。
※戻ってくるのは買い物で支払った税金で、ホテル代や飲食代の分は還付されません。
免税対象となる条件
1)同じ日に同じ商店で買った商品の合計が、75ユーロ以上。
2)購入した商品は必ず国外に持ち出すこと。
3)手続きに必要な書類と領収書が揃っていること。 書類は、「タックス・フリー(免税)」の表示のあるショップの店員に「Tax Free Pease!」と言うと作成してくれます。その際、パスポートの提示が求められます。
4)書類に税関のスタンプが押してあること。

▲ページトップへ